第一回まなビレッジプログラミングワークショップ開催レポート

2014年7月26日、まなビレッジにて第一回プログラミングワークショップが開催されました!

当日の外の気温は35℃近くになり今年一番の暑さとなりましたが、

今回は10名の小学生にご参加頂きました、ありがとうございます。

今回は「Scratch」というプログラミングソフトを使って、基本操作から簡単なゲームを作る所までを体験しました。

DSC_0535

最初に、ほぼ初対面同士の参加者だったので、緊張をほぐす為にアイスブレイクを行いました。

まずは、自己紹介。言う内容は 1、名前 2、学年 3、今日やる事(やりたい事) をそれぞれ発表しました。

学年は3年生〜5年生が多かったです。やりたい事は、「ゲーム作りをやってみたい!」という意見が多かったようです。

DSC_0557

次は、ボールを使ったコミュニケーションゲーム。ボールを受け取ったら、
自分の好きな物(食べ物)を言って、

次に渡したい人の名前を言ってボールを渡します。「ハンバーグ!」「まぐろ!」「イチゴ!」など、

いろんな食べ物が飛び交います。この頃には緊張もほぐれてみんな笑顔になってきました!

DSC_0574

緊張もほぐれてきた所で、本番のワークショップに入ります。

パソコンを使うのが初めての子もいるので、

マウスの使い方から学びます。

DSC_0577

そして、「Scratch」のワークショップに入ります。

まずは、基本操作。

ブロックを組み合わせることでプログラミングをして

画面上のネコのキャラクターを 歩かせたり、音を鳴らしたりします。

DSC_0605  DSC_0623

ところどころで、ニャーという音がなったり、とても動きの素早いネコがでてきたり、

みなさん基本操作覚えつつ、いろいろ改造していました。

DSC_0646

次は、ゲーム作りに挑戦!

さっき作ったネコを使って、簡単なゲームを作ります。

今回は、ネズミがネコから逃げ回るゲームを作ります。

ゲームの大枠を説明したあとは、各自で自分なりの

ゲームに改造していきます。

DSC_0737

自分の思い通りにネコやネズミを動かして

みんなネコを増やしたり、キャラクターを追加したり

様々なゲームができあがりました。

サンプルのゲームはこんな感じです。

今回の参加者の作品一覧はコチラからみれます。

最後にScratchでどういうゲームができるか?というご紹介

Scratchでこんなゲームも作れてしまうのです。

みんな大好きMario、会場からは「Scratchでマリオ作れるんだー!」という、
子ども達の歓声があがっていました。

 

ここまでで、今日のワークショップは終了。あっという間の2時間でした。

最後に全員で記念撮影。「すくらっちー!」のかけ声と共に写真をとりました。

DSC_0742
今後もまなビレッジでは、毎週土曜日にプログラミングワークショップを予定しておりますので、是非参加をお待ちしております!!

最後になりましたが、開催に向けて様々ご協力いただいた岩手のcodeMoさんに感謝申し上げます。

 

1件のコメント

コメントは停止中です。